拓伸TOPへ  拓伸INFOヘ WebRelaclass
   住宅情報
拓伸TOP住宅情報拓伸の家ご入居後のメンテナンス > 外回りのお手入れ
 分譲地(緑風苑)  拓伸の家  分譲マンション  リフォーム  仲介情報  ワンポイントアドバイス
住宅情報
 

 ご入居後のメンテナンス

外回りのお手入れ…「屋根」




綿



●台風等の強い風が吹いたときは瓦がずれたり、はがれたりします。又、飛
来物が当たって割れることがありますので点検して下さい。
●地震のため瓦がずれて、雨漏りの原因になることもありますので、強震のときなどは点検して下さい。
●日常の手入れは必要ありません。屋根の谷部分にごみや枯葉がよく溜まってその部分が錆て雨漏りの原因になります。
●年に1度程度清掃してください。

●雨漏りは最大の敵です。放置すると木が腐って大切な家の寿命を短縮させます。万一、雨漏りが発生したならば補修は弊社にご相談下さい。
●出来るだけ屋根に登らない様にして下さい。





●砂ぼこりなどで自然に塗装面が痛んできます。海岸や化学工場の近くでは1〜2年、一般地域で4〜5年で塗り直しをして下さい。

●3〜4年も経年しますと、鉄板を止めてある釘が抜けたり、釘の頭部がさびます。雨漏りの原因になりますので、新しい釘を打ち込んで、釘の頭にペンキを塗ってさびを防ぐようにして下さい。


●玄関庇は、玄関ポーチの上に設けられている庇で、独立柱で支えられています。

●独立柱に物をくくりつけたり、ひっぱったりしますと玄関庇も振動するこ
とになり、外壁と接合部分からの雨漏りの原因になります。


●ごみ又は木の葉が詰まっていないか。
●雨水があふれていないか。
●軒樋受け金具のゆるみ、はずれはないか。
●軒先や軒裏の周辺が湿っていたり、縦樋周辺の外壁がいつまでも湿っているようなことがないか。
●積雪時に樋に雪がたまり、樋がゆるんだり、はずれることはあります。

●日常の手入れは不要ですが、樋に落ち葉やゴミ、泥等が詰まって水はけが悪くなりますので、水はけをよくするように時々清掃をして下さい。
●塩ビ製の樋は5〜7年で破れやすくなってきます。全面的な取替え時期でもあります。

●雨樋は長年の風雨及び日光・四季の温度差等によって変色し、樋ももろくなります。時期をみて取り替えてください。
●強い衝撃に弱いので、直接にはできるだけ梯子をかけないで、脚立を利用してください。

 拓伸の保証制度
 ご入居後のメンテナンス

内・外装のお手入れ
 掃除サイクル表一覧

外回りのお手入れ
 外壁
 屋根
 基礎まわり
 外部開口部・外部建具

室内のお手入れ
 
 壁・天井
 室内建具

設備関係のお手入れ
 給水設備
 給湯設備
 給・排水衛生設備・器具
 電気設備
このページのTOPへ戻る お問い合わせ
拓伸ロゴ 株式会社 拓伸 滋賀県草津市笠山5丁目1番68号 TEL 077-567-2000(代)/FAX 077-567-2020
Copyright(c)2005 Takushin. All rights reserved.