拓伸TOPへ  拓伸INFOヘ WebRelaclass
   住宅情報
拓伸TOP住宅情報拓伸の家ご入居後のメンテナンス > 室内のお手入れ
 分譲地(緑風苑)  拓伸の家  分譲マンション  リフォーム  仲介情報  ワンポイントアドバイス
住宅情報
 

 ご入居後のメンテナンス

設備関係のお手入れ…「給・排水衛生設備・器具」


厨房洗面所浴室(システムバス)便所


■厨房
部位 お手入れと注意



●シンクに付着する汚れの一番多いのは油汚れです。油ものを洗ったら、その都度スポンジに中性洗剤をつけて油分を流して、そのあと乾いた布でよく水分を拭き取るようにして下さい。
●ステンレスは、毎日の使用後水又は中性洗剤で洗って下さい。最後にお湯を流しておけば水が残らずにきれいにかわきます。
●流れが悪くなったら目皿を外してたまっているゴミを掃除してください。
●排水口の目皿及びバスケットを取り外して使用すると排水口が詰まりますので、必ず取りつけて使用して下さい。
●配水管は月1回程度、排水パイプに洗浄剤を流して掃除をして下さい。
●バスケットのゴミを捨て、網目に詰まったゴミも取り払ったあと台所用洗剤で洗ってください。
●バスケットに汚れがこびりついてしまったら、台所用漂白剤に一晩つけておきますと、汚れも悪臭も取れてきれいになります。


・使い古しの油は絶対に流さないで下さい。配水管の詰まりの原因になります。
・熱湯を流しますと排水パイプの破損の原因にもなります。水を流しながら熱湯を流してください。

汚れが目立ってきた場合
●市販のステンレス磨きで汚れを落とし水洗いします。又は、大根や人参などの使い残しの野菜の切り口にクリームクレンザーをつけて汚れをこすり取るとステンレスに傷がつかずにきれいになります。

ステンレスの錆
●ステンレスでも錆びることがあります。ステンレスは塩分の強い物が付着すると侵食され、変色されてしまう弱点があります。塩分の強いものを扱ったときは水でよく洗ってください。
●磨き粉、たわしなどでこすると細かい傷がつきやすいので避けてください。



●年1回は専門業者による清掃が法令で義務づけられています。浄化槽施工業者と維持管理契約を必ず結んで下さい。
●消毒を欠かさないようにする。
●ポンプ、モーター類の電源は切らないで下さい。(浄化槽内の微生物が死滅して、汚物が浄化されず悪臭の原因になります。)

厨房洗面所浴室(システムバス)便所


■洗面所
部位 お手入れと注意



●洗面陶器についた手垢、脂、石鹸かすなどは中性洗剤を布かスポンジにつけて洗い流してください。
●カウンターや収納扉などの木部は、水気を残さないように日頃から、から拭きをするようにしましょう。
●ミラーは日頃から、から拭きし汚れが目立つ時にはガラスクリーナーを使ってきれいにしましょう。

洗面台の蛇口、クリスタルハンドル内部の手入れ
●蛇口の汚れは、ストッキングでこするだけでもきれいになりますが、時々クリームクレンザーをつけてこするとピカピカになります。


●浴室のそばにあって、脱衣所を兼ねているケースが多く、又洗濯機も置かれて水をよく使われますので、湿気がこもらない様に、常に換気に気を付けることが大切です。床に水がこぼれたらすぐに拭き取っておきましょう。
●流しの陶器部分は硬いもの、重い物を落とすとヒビ割れすることがありますので注意して下さい。
●ゴミや毛髪などは、水と一緒に流さないで下さい。
●排水ホースはビニール製ですので薬品、薬剤などは流さないようにして下さい。
●熱湯を流し込むと排水ホースが変形することがありますので注意して下さい。

厨房洗面所浴室(システムバス)便所


■浴室(システムバス)
部位 お手入れと注意


●床、壁、天井は柔らかい布かスポンジに浴室用洗剤をつけて、湯垢を拭き取ってください。


1.床、壁、天井は硬いものでこすったり、叩いたりしますと傷がついたり破損するおそれがありますのでご注意ください。又、壁、天井への穴あけ、釘打ちなどは、絶対にしないでください。
2.床、壁、天井の継目部分には、水漏れを防ぐため目地シール材がはめ込まれておりますが、これを破損したり、取り外したりしないでください。
3.浴室内でタバコを吸ったり、その他の火気を使用しないでください。
4.浴室用洗剤以外のクレンザー、みがき粉、シンナー等の薬品は使用しないでください。
5.入浴後は出入り口付近の木枠及び床の水滴は必ず拭いてください。



●石鹸のカスなどの汚れは乾燥すると落ちにくくなるので、中性又はアルカリ性のバス用洗剤をスポンジに含ませて水洗いしてください。
●循環パイプの防塵網を1ヶ月に1〜2回程度清掃してください。(目詰まりを起こしますと湯沸器が作動しなくなります。)




●ときどき中性、またはアルカリ性のバス用洗剤で洗い、最後に水拭きをしてください。また、いつでも濡れているとカビが発生しやすくなるのでたまには陰干ししたり、塩素系の漂白剤で消毒しておくとカビの発生が防げます。万一カビが発生したときは、早めにカビ取剤で除去してください。


●直射日光に当てると、ふたが反ったり、変色の原因になりますのでやめましょう。
●風呂フタの上には絶対に乗らないでください。










●排水トラップは、臭気止め役割をはたす重要な部品です。排水トラップは常に清潔に。
●毛髪やゴミは、配水管に流さないでください。つまりの原因となります。
●トラップ内に毛髪やゴミがつまりますと排水能力が低下し、不衛生になるばかりでなく、床面に水があふれたり、漏水の原因になります。
●万一詰まった場合は、目皿を取り外し、すぐに取り除いてください。
●網状のヘアーキャッチャーがついている場合は定期的に網に付着した毛髪やゴミを取り除いてください。

厨房洗面所浴室(システムバス)便所


■便所
部位 お手入れと注意
便
●便所の床は防水施工をしてありませんので、こぼれ水はすぐに拭き取ってください。
●トイレ用棒タワシをトイレ内に置いておき、各人がトイレ使用後清潔にしておくと、不意の来客にも困りません。
●雑巾等を手洗器ボールで洗わないでください。
便
●便器内面周囲の水出し穴部や水たまりの底は汚れやすいものです。時々棒タワシでこすり洗いをしてください。
●用便時のはねなどで汚れがちな便器上面や外面もその都度水拭きし、週に一度くらいはトイレ用中性洗剤で洗ってください。

尿


●手入れを怠ると排泄物に含まれる尿酸やリン酸が水に含まれるカルシウムと結びついて、しつこい汚れとなります。このような汚れには酸性洗剤が効果的です。洗剤をふりかけた後、しばらくおいて棒タワシでこすり落としてください。
便
●日常は、便座に付着した汗や脂を落とすため、よくしぼった雑巾で水拭きします。週に一度くらいは食器用洗剤を布につけてよくしぼってふきとり、最後によくしぼった雑巾で水拭きします。




ロータンクは便器に水を流すための貯水タンクで大、小の水量が調節できるようになっています。


●金属部分のサビ落しやロータンク内部の掃除を時々心がけてください。









便

1.必ず電源プラグを抜いてください。
2.通常は乾いた布で拭いてください。汚れがひどいときは適量に薄めた中性洗剤を含ませた布で拭き、その後、必ず乾いた布で水気を拭き取って下さい。
3.本体や便座に水をかけて洗わないで下さい。
4.ウォシュレットの自動洗浄装置付のものは定期的に動かし清掃して下さい。
●トイレの使用上の注意事項
・トイレ用洗剤(酸性洗剤)は陶器以外のプラスチック(便座など)に絶対付着させないで下さい。メッキが侵されたり、プラスチックが割れやすくなります。
・消毒にクレゾールは使わないで下さい。強度が低下します。
・シンナー、ベンジン、エアゾールタイプの殺虫剤、芳香剤は、便器の表面を侵しますので、付着させないで下さい。
・トイレットペーパー以外は流さないでください。(新聞紙、紙おむつ、衛生用品等)
・便器にタバコの吸殻を捨てたり、熱湯を入れたりしないでください。
・洗浄装置つきの便座に便座カバーをしますと、洗浄水の飛沫で濡れますので取り付けないでください。

厨房洗面所浴室(システムバス)便所


 拓伸の保証制度
 ご入居後のメンテナンス

内・外装のお手入れ
 掃除サイクル表一覧

外回りのお手入れ
 外壁
 屋根
 基礎まわり
 外部開口部・外部建具

室内のお手入れ
 
 壁・天井
 室内建具

設備関係のお手入れ
 給水設備
 給湯設備
 給・排水衛生設備・器具
 電気設備
このページのTOPへ戻る お問い合わせ
拓伸ロゴ 株式会社 拓伸 滋賀県草津市笠山5丁目1番68号 TEL 077-567-2000(代)/FAX 077-567-2020
Copyright(c)2005 Takushin. All rights reserved.